ペット保険や葬儀はしっかり調べてアレンジ|大事な家族とのライフ

動物病院

愛情を形にする

家族

どんなに愛しているペットでも、病気の時に対処できないとなったらとても可哀想です。そのために保険に入ったりしますが、惜しくも亡くなってしまった時でも対処方法があります。

詳細を確認する...

友人の参列もできる

納骨

葬儀をするといえば参列者にお知らせをする、悲しみを分かち合うといった時に非常に欠かせないものになります。そんな時にはペット葬儀を提供する業者を調べて最期の別れにふさわしい会にしたいものです。

詳細を確認する...

心の平穏に必要

ファミリー

なぜペット葬儀をわざわざ行なうのかというと、ペットロス症候群を無くすためでもあります。ペットを失うと意外なところに弊害が出てしまいます。悲しみを正しく送り出すことが大事なのです。

詳細を確認する...

手厚いサービスが提供

ペット葬儀のありかた

猫

最近ではペット保険などもあり、ペットに手厚いサービスが提供されるようになってきました。ペット葬儀が事業として行われるようになったのは、戦後である昭和20年代と言われます。東京で動物専用の霊園が出来たのが始まりで、その後関西方面へ広がっていき、徐々に全国的になったようです。ペットの埋葬が困難な住宅事情や、そもそもペットを飼う人が増え、家族同然という感覚が一般的になってきたのも、ペット葬儀が行われるようになった理由と言えます。需要が増えるに従って多くの専門業者が参入し、人間顔負けの葬儀プランが提供されるようになりましたが、高額請求などのトラブルを起こす悪質業者も増えています。ペットの寿命が長くなり、ペット葬儀の需要は増える傾向にあります。それに伴って悪質業者の「やりたい放題」が、ますます問題になっていくのではないかと懸念され、きちんとした法整備が求められていくのではないかと思われます。

トラブルを回避するためには

高額請求のトラブルは例を挙げると、「1万円だったはずの料金が、追加料金が発生したと言われ40万円の請求をされた」と言ったように、後から色々な名目をつけられて、請求額が増えていると言うケースが多いようです。このトラブルは事前の見積もりによって防ぎます。亡くなったペットを預け火葬を依頼する前に、追加料金の有無を必ず確認し、「見積もりを出さない」「料金の説明をしない」と言った不誠実な業者はその場で断ります。手厚い供養を謳い、裏では家庭用の焼却炉でゴミ同然にペットを火葬する業者もありますので、事前に施設を訪ねて、火葬炉を自分の目で見ておくのもいいかも知れません。ペット葬儀のトラブルにより、その後悔でうつ病になってしまったと言うケースもあります。小さな家族のため、手厚く後悔のない供養をしたいものです。